悩みが尽きない医療の現場

健康診断での看護業務

看護師といえば、病院勤務の看護師をイメージしがちですが、看護師の仕事の場は病院勤務ばかりではありません。広義の意味で看護という業務を考えると、できるだけ多くの人々の健康を守るという大きな使命があります。そのひとつとして、健康診断があります。

健康診断に関わる看護師としての業務は、健康診断の補助的な仕事になります。限られた短い時間に中身の濃い検査をすることが求められる場合がほとんどです。そんな状況の中で、的確な判断と行動が必須になります。

総合的な健康診断の中でも、自分の担当する役割を、自分一人で責任を持ってこなすことが要求されます。そんな状況に対応すべくスキルが必要です。狭い範囲の深い知識と経験が求められることも多くあります。

健康診断業務の中には、採尿、採血や、画像検査などがあります。看護師としてそれらの仕事は基礎的なものですが、その熟練度をより向上させるよう、日頃からの心がけが必要です。どんなに基礎的なことでも、病の早期発見に関わる大切な業務なので気を抜くわけにはいきません。

採血などは基本中の基本です。健康診断を受けに来る患者さんを待たせないためには、それをより的確に、より速く、さらに患者に負担をかけることなくスムーズにこなすスキルが要求されます。どんな状況でも慌てることもなく、業務遂行できるように、本番の前に研修を受けることも怠ってはならないでしょう。

健康診断の看護師として活躍するためには、冷静な判断と素早い行動が必要になります。どのような現場でも、忙しい中でも適切な指示・行動が出来るかどうかが、大きな関門になってくる場合が多いのが現実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll To Top